膝痛の改善

今回は70代男性の改善例です。

この男性は膝に水が溜まりたり、股関節もズキズキと痛みが常にある状態で、病院の整形外科に行くも改善がみられないと感じられて、5年前からペインクリニックに通い定期的に硬膜外注射をしてもらい痛みと共に生活をしていたそうです。

その方の体の特徴は以下の通りです。
・太腿の横の骨(大腿骨の大転子部分)が出っ張っている
・膝の裏の膝下と膝上の骨の頭が大きくなり過ぎている
・膝から太腿にかけて外側の筋が寝て脱力した状態でも引っ張られた状態になっている
・膝が前に出っ張り過ぎている
・足全体の骨が硬い
・足首に靴下のゴム跡がある
・仙骨が盛り上がっている

この方は2回目の施術まで「骨は衣類のゴムで変形するほど柔らかい」という事がピンと来なかったようで、

下着を緩めずに生活されていたので、なおさら施術効果も感じられていなかったようでした。

3回目の治療で「下着がキツいので施術効果が出ませんよ」と改めてお伝えすると、ベットからむくりと起き上がって

「先生、骨が柔らかいという感覚がどうもわかりません。骨は柔らかいのですか」と改めて質問されました。

1回目と2回目にした説明に骨の成分や細胞の性質を加えてお伝えすると、今度こそ「あ、なるほど!」と納得され横になりました。

その後すぐ、膝の硬い骨がグワッと動いたかと思うと、

「あっ!、痛く…ない」

と大きな声でおっしゃって、こちらもびっくりしました。

その後も

「へ〜、不思議だ。痛くない。」

となんども首を傾げながら残りの施術を受けられました。

帰り際にドアの前でくるりと振り返って、

「いや〜、今日は確かに痛みがとれました。ありがとうございました。」

と仰って深々とお辞儀をして帰られた姿がとても印象的でした。

頭痛改善 (こめかみ)

今回は頭痛について書きます。

20180126170931063.jpeg

頭痛と言ってもいろいろな頭痛がありますが、今回のケースはこめかみに痛みがあるタイプの頭痛です。

この患者さんは20代の男性で2ヶ月前からこめかみ、特に左側の痛みが激しく市販の頭痛薬を飲むけれども、効かなかったとのこと。

年末にご家族からご予約のご連絡がありましたが、遠方でしたので日程が合わずやっと施術がかなったという経緯があります。

ご連絡があった時から期間が空いたわけですが、頭痛薬を変えて凌いでいたそうです。とは言っても1時間しか効き目が持たなかったとのこと。

聞けばお仕事もハードで、施術のためにお休みをとっていただいたわけですが、「どのぐらいぶりの休みかなぁ」と仰るほど久しぶりのお休みだったそうです。

その方の骨格、筋肉の特徴としては
・こめかみ 右側は指一本分のくぼみ、左側に指3本分のくぼみがある
・額が盛り上がっている
・両耳の上あたりにシワが寄っているような骨の変形がある
・首の前側に筋肉の引きつりがあり、右側に硬結(鬱血、軟組織が塊となる)
・肩幅が広い
・腰の筋肉が硬直している(腰痛を伴っている)
・骨盤が極端に狭い
・骨盤の傾きがひどく中心がずれている

直接に痛む箇所はこめかみだったので、指の押し跡を消す施術をすると一回でだいぶ消えてくれました。消す過程で額も引っ込んで両耳のシワが寄るような骨の跡もならして改善できてきました。

途中で頭痛の様子を確認すると、痛みが取れたり、また出たりを繰り返しているとのことでした。

穴が深いので、一回の施術で完全に痛みが取れるかどうかというところでしたが、痛みが取れる瞬間を体感されているので一回で取ってあげられると思いました。

しかし、頭痛の発端は首、さらにいえば骨盤でした。

そもそも、首の血流が酷い歪みで疎外されており、慢性的な血流不足だったわけです。首の変形には必ずと言って良いのですが、骨盤と後頭部の異常が見られます。

20180126170929272.jpeg


骨盤は後頭部に筋肉などで繋がっているからです。赤い矢印の方向にベルトや下着などで食い込むほどの圧迫を加えると、青い矢印の方向に筋肉の引っ張る力が生まれます。

下着の締め付けはない方でしたが、何かで圧迫を受けて骨盤が狭くなっていました。

施術後はすっと骨盤が開いてくれたので、背中の硬い緊張も緩みました。
頭痛は取れて、翌日にもう一度確認させてもらうと頭痛はないとにことでした。

一度の施術で痛みが取れるかどうかは個人の骨の動き具合によりますが、頭痛は薬に頼らず速攻でとりたいですよね。今回はそれが叶ってほっとしています。

12月より港区へお引越しいたします。

いらしている患者様には口頭でお伝えしておりましたが、この度、港区南麻布に移転することになりました。

日本橋馬喰町も良い場所でしたが、お一人の患者さんをお迎えするには広すぎましたね(^_^;)

女性の方にもっとくつろいでいただける内装をと考えるとなかなか難しいので、ロケーション自体を素敵な街で探そうと思いましてここ数カ月、施術の合間にあれこれ物件を探しました。そこらの不動産屋さんよりこの周辺物件に詳しくなったかも。(笑)エレベーター付きで緑のある素敵な街の素敵なサロンになりうる物件。夢にまで出てくるほど探しましたが、なかなか苦戦しました。諦めかけた時にこちらのレンタルサロン グラマラスH麻布・広尾さんを見つけました。

こちらはレンタルサロンになりますが、今まで一人でお電話をお受けしながら施術していたりしてお時間をお待たせしてしまったりししてご迷惑をおかけしていましたが、レセプショニストさんもいらっしゃってご案内もしていただけるので施術に集中できるようになりました。ラウンジはゆっくり施術前後にくおくつろぎいただけるようになっていてきっと喜んでいただけるはずです。
ラウンジ

施術ベットもしっかりしていて、すでに施術を受けていただいた患者さん快適だと大好評でした。
imgRoomA bed

お部屋は5つあるので、いろいろな雰囲気を楽しんでいただけると思います。
ラウンジからは緑が見えて、温かければテラスに出てくつろぐこともできます。

エレベータがあり、広尾駅から5分以内で、緑のある素敵な環境と、女性が癒される内装と条件がそろっていましたし「ここだ!」と思いました。頑張って諦めずに探して本当に良かったです。一緒にご案内してくださるスタッフの方々もステキで親切な方ばかりです。

場所だけでなく、施術も日々改善に改善を重ねて進化しています。
あたらしい素敵な環境にメンテナンスにぜひ、いらしてください!お待ちしております。

アクセスはこちらです。↓
https://www.glamoroush.com/wp-content/themes/glamoroush/assets/img/space/full/imgLounge08-full.jpg

※11月中のご予約でも広尾で施術をお受けできますので、ご一報ください。





スカート作りました。

IMG_2459 (編集済み)

スカートを作るなんて高校の実習以来です。

普段、患者さんに「ウェストがゆるゆるのものを身につけてくださいね」お伝えしていますが、
ゆるゆるのものって売っていない!!!

いつもお直し前提でお洋服を選んでいましたが・・・・

「作った方が速いんじゃ・・・」

整体院の近くは問屋街。布地屋さんもありまして、さっそくGO!です。

布地選びにはか~なり時間をかけてしまいましたが、お直しの糸やら、ゴムやら、もろもろ集める手間を考えると素晴らしい時間短縮です!すでに、嬉しい。
普段買い物はもっと悩みますが、結局買わなくて後で困ってしまうという日々。

今回の勝因は衝動的に作れるレベルの直線裁ちパターンのものを選んだことです。
布地を買っても作らず、作れなかったという敗北感だけが布地と共に積み重なるだけの自分心理からの脱出です。

今回お世話になったサイトはこちら↓
https://book.nunocoto.com/make-2/2016080212445/

普通40分でできるそうですが、私は2時間位かかりました。( ´,_ゝ`)プッ
下糸の巻き方とそもそもの採寸がが非常識なほどいい加減だったのでやり直ししたためです。
普通の方なら40分とは言わないけれど、60分あれば大丈夫ではないでしょうか。

いいんです。でも、できましたので!!(」*´∇`)」

手作り楽しいです!!

それは、もうずぶずぶの素人なので自慢などできませんが、このスカートが実用化できるってことに感動を覚えます。このブログを読んでいない人の反応が楽しみです。果たして、手作りとバレバレなのかそれとも何も反応がないか。この場合、反応なしの方が成功した気分ですね。

費用も2000円で2枚分のスカートが取れるメーターで、いい布地が手に入りましたので、コストパフォーマンスも最高です。


ここからは真面目なお話になりますが、骨調整では骨の変形を防ぐために圧迫のない衣類に変更していただいています。
ひとことで「ゆるゆる」といっても、感覚的なものでほとんどの方はゆるめのものを身につけているつもりでも圧迫があります。
ゴムを切っただけで、「腰痛がおさまった」「内腿のくすぐったさがとれた」「顎関節症の痛みが取れた」「頭痛が取れた」などなど、骨盤から影響が様々なところに及びます。

「ゆるゆる」とは・・・
衣類を選ぶ際、以下の図を頭に描いてもらいます。
IMG_2507 (編集済み)

ウェストに布地を引っ張らずに腰の横から腰の横まで、ウェスト半分を覆うサイズ選びです。

デザインの構造上目安として、パンツの場合は座位でのサイズ変動を計算して、ウェストの一番太い所のサイズを測りましょう。

健康はお洋服選びからも影響があったんです。

アダムズ・ボーン整体ではトータルで健康のサポートができるように、衣類の開発も進めています。

第一弾はオーダーメイドのブラジャーからです。

第一号は今患者さんの試着を終えて、修正に入るところです。

そちらのオーダーメイドブラのレポートももうすぐお知らせいたします。


・・・・オーダーメイドブラを手掛けてくださっている方にはとても私の作ったスカートは見せられません(笑)
プロと素人の違いを思い知りました~

自身のメンテナンスで福岡へ

先日、自身のメンテナンスで福岡で同じ整体をやっている先輩の「おかざき整体」に施術を受けに行きました。女性なので兄弟子ではなく姉弟子というのですかね・・・

先輩の岡崎先生は今年、自宅から福岡市内の薬院という人気スポットに移転されたということもありその見学も兼ねての訪問です。

私たちの整体は脱力した上で振動を加えないと骨に変化を起こせないので、道具を握った自分で自分の施術はできません。
また、触診も自身については正確にすることができないので、同じ技術を持った人にやってもらうしかありません。

そういうわけで、私自身が受診すると・・・・
開口一番「太った?」と鋭い指摘。岡崎先生はきめ細やかですけど鋭いんです。「私たちがきっちり自己管理できてないとだめだよ」と優しく厳しくご指導いただきました。反省( ;´Д`)

広島で修業時代にベスト体重から2,5キロ太り、落としてなかったのでした・・・。顎がとんがっているため「痩せた?」などとよく言われてますが、無酸素運動で筋肉がついたとしても、確実に太っています。特にここ数カ月、有酸素運動をする時間を惜しんでしまったことを反省しまして、今週からランニングを再開した次第です。

遠方ということもあり、しばらく自分のメンテナンスができていなかったのですが、今回の施術を受けて、首筋の張り、肘、肩の冷えが改善、腰の張りの改善、足の血流改善がみられました。

行きと帰りは飛行機とシャトルバス3時間づつ乗りましたが、帰りは足の浮腫み(エコノミー症候群ほどひどくはありませんでしたが)が出なかったし、帰りは夜でも上半身が冷えてきませんでした。改善は予想していたけれど、いざ体感してみると嬉しいものです。

腰の張りは痛みが今、生活に支障がないにしてもかつては、立派なヘルニア、股関節亜脱臼でしたから、変形から遠ざかるだけでなく、欲を出して機能的な骨格になりたいところです。カポエィラというブラジルのスポーツでマカーコという技ができるようブリッジがスムーズにできるのが私の目標です。これも「腰椎が改善されれば、ふわっとできるようになるよ」という言葉に胸が躍ります。

かつて肩甲骨回りに金平糖型のツボ押しを置いて毎晩寝ていたことがあり、そのあとがいまだに残っており(細く鋭い圧迫を骨につけるとその変形を取り除くのはなかなか時間がかかるのです)、腰椎と肋骨、肩甲骨にストッパーがかかって動いてくれていない状態なのでもう少し目標達成までは時間がかかりそうですが、それでも今回は肋骨が入り込みすぎていたのが開いてくれたし、腸骨も広がってくれたので、下腹が大分引っ込んでくれました!嬉し~い。腹筋をやっても腹が引っ込まない方は私と同じように
・肋骨が内側にめり込んでいる(胃下垂気味)
・鼠径部の張り
・股関節の変形
・腸骨が変形している
特徴ががみられます。

骨調整ではこんな改善もできます。

今回、日帰りでしかも他の予定も詰め込んで、強行スケジュールでしたがパワーアップして帰京しました!
やっぱり、定期的なメンテナンスは大事だと改めて実感し、今度のメンテナンスを受ける時までに、あと2.5キロは落とそうと決心したのでした!(年内中に)



高血圧 改善

高血圧症は様々な理由で起こるとされています。
病気の分類としては循環器系とされていますが、骨の観点からみると高血圧症の患者さんは「首」に共通の歪みがあります。

最近の患者さんでは、施術前に病院での検査結果が降圧剤の服薬して130/70だった方が、2回の施術を受けられた後の検査では120/66となり、病院の先生に首を傾げられたそうです。年齢とともに血圧が上がるのは仕方ないかなと思うのは一般的ですが、骨の調整でこの患者さんのように下がる例もあります。

高血圧症の歪みの特徴としては
・首の骨(頸椎)が前に突き出すようになっていて、横から見ると前側に反っている
・鎖骨部分が首に食い込むように入り込んでいる
・首の付け根のすぐ上、前側辺りに深いしわがある
などです。

ちょうど鎖骨部分が首に食い込んで圧迫している部分には血液を脳に送る要の動脈が配置されています。人体にはこの血管とセットで圧受容体というセンサーがあり、そこを通る血液が少ないと血圧上昇させるホルモンを分泌して副交感神経に作用し、心臓に血液の出力を増やすように指令してしまいます。こうして高血圧症が起きます。

頸椎が前に曲がるのは肩甲骨が肥大しているからというのが大きな原因ですが、肩甲骨は実にいろいろな部分の骨と筋肉でつながっていて、腕、肋骨、鎖骨などの変形も影響してきます。さらにその骨をたどると手や足、頭の先までと連鎖していきます。結局、高血圧症の原因の骨の変形を正しい形にするには手や足、頭の先まで修正してしまわないといけません。

この骨調整は毎回約2時間かけて足の先から手の先、頭の先まで骨を調整する施術です。
部分的にというのは行っていません。すべてを調整していくことで、体のバランスをとり、施術後の戻りをなくすことができます。

部分的に行うと、修正していない骨と修正した骨がバランスを取り合うために痛みが伴ったり、修正していない骨が、修正した骨を悪い方に引き戻すこともあります。

この施術にはヘアサロンに行くぐらいゆったり時間をとっていらしてください。

生理不順 改善

女性の生理不順の悩みは最近よく聞かれます。

アダムズ・ボーン整体では生理不順とくに「生理が来ない」というお悩みは簡単に改善がみられています。

生理が半年以上来なかった20代の女性が一度の施術ですぐに回復したという内容は別のトピックでも記載しましたが、ほとんどの場合、生理がきていないというお悩みは一回で改善されています。

今回の患者さんは10代の女性で、生理痛も酷く遅れ気味だということでした。
病院で薬を貰って一度は生理がきたものの、また来なくなってしまったとのことで、海外での生活を控え治しておきたいとのことでした。特に、お母様が心配されていました。

彼女の骨の特徴は
・鼠径部にショーツの締め付け、締め付け跡
・大腿部が施術時に触れるとくすぐったいと感じる
・大腿部が前側に盛り上がり太い
・横になった時、骨盤の底と左右の淵が高い(恥骨が高く、腸骨陵が高い)

この場合、骨盤の変形によってそこに納まっている子宮が後屈の状態になってしまっているのが原因です。

骨は臓器を収める役目もありますので、骨の形が歪むとそこに納まる臓器もその形に圧迫されて変形し、正しく機能できなくできなくなります。この場合は子宮が骨盤の変形により変形させられてしまった結果です。

この子宮後屈の状態ですと、生理不順、子宮内膜症や子宮筋腫、不妊症を招きます。
子宮後屈は簡単に改善しますので、思い当たる節がある方は早いうちに改善しておくことをお勧めします。

この歪みも、母親からいただいた先天的な要素はありますが、やはり後天的なショーツの締め付けが大きな引き金になっているケースがほとんどです。特に水泳などきつい水着を着ていた時期があった方のほとんどは前腿が締め付けによって鼠径部リンパの流れを悪化させるので下半身がむくんでいて、さらに大腿骨が前にせり出しているので足が太いと悩んでらっしゃる方がほとんどです。

骨を調整すると生理不順は改善され、太ももは施術後すぐにほっそりして横側から見たシルエットが変わっているのに患者さんご本人も驚かれます。

ただし…

リンパマッサージなどしていなかった場合です。リンパマッサージやツボ押しなどで骨に凸凹の傷をつけている方はその凸凹の多少で改善結果の体感もすぐに出ない場合もあります。

しかし、マッサージをしていて表面がすぐにほっそりしなくても皮膚、筋肉の下で確実に骨の凸凹が減りますので、その分血流が改善し、皮膚の状態がよくなり、軽く感じたり、疲れにくく感じます。施術を続ければ、徐々に軽さは増し、疲れる頻度が緩やかになり、徐々に疲れないことが当たり前になります。そうなると太ももの形も細くなってきます。

日常ではやはり、ショーツの鼠径部の締め付けを辞めます。
ショーツ鼠径部のゴムを3、4センチ切り取ってみてください。若しくはボクサータイプのものを自分のいつものサイズではなく、3,4サイズ上のものに変えてみてください。

切り取ったゴムは3センチ切り取ってもショーツは10センチくらい(ショーツの設計によりますが)は広がるので驚かれると思います。
10-3=7 
7センチは四六時中鼠径部に圧迫を与えているということになります。
これでは血行不良になっても当たり前だと思いませんか。

また、3,4サイズ大きいとなるとMサイズの方は3Lとなりますが、なかなか手に入らないかもしれません。
ニッセンの「スマイルランド」で検索していただくと2Lから10Lまでの大きめサイズが購入できます。
この場合でも「3Lかぁ~」と大きなショーツに驚かれると思いますが、履いたら案外ぴったりなことに二度驚かれると思います。

ほとんどのショーツサイズがそもそも骨にとって良くない構造になっているのでこんなことが起こっています。
身体より小さいものを身につけたら、小さい分だけ体を締め付けています。
血管なんてとても細いので1センチ圧迫されたら何本不通になり血が流れにくくなるか・・・

まずは、実践です。寝る時に思いっきりゆるゆるのショーツにしてみるか、可能ならノーパンで試してみてください。
朝起きたときの疲れの取れ方が違うはずです。

外反母趾 改善

別の病気の改善目的でいらしていた患者さんですが、施術後に「あ、外反母趾がなくなってる!」

と驚きの声をあげられていました。

別の病気で上半身を中心に施術していたのですが、おまけで外反母趾も改善してしまいました。

外反母趾の方は多く、一般的に原因はハイヒールなど足に靴があっていないと思われています。
しかし、根本原因は靴ではありません。ハイヒールを履かない男性や、子供でも外反母趾になっている人はいます。

その方の足の骨の特徴は
・踵が後ろに飛び出ている
・第一中足骨(親指の付け根の骨)関節部分が肥大
・腓骨(脛の骨)が長すぎる

外反母趾の原因としては、子供のころから外反母趾がある場合はは、お母さんのお腹の中で歪みをいただいてきた先天的要素が強いのですが、後天的要素としては靴下の締め付けなどで、膝の骨を変形させた結果、膝から親指の先端についている筋肉が伸び切り限界を迎えのち、骨を後方向に圧力をかけ、行き場がなくなった母子付け根が外側へ外側へ飛び出て変形してしまいます。これが外反母趾です。

改善の方法としては、膝や指など周りの骨の長さを整え緩めた後、足の親指の付け根が肥大した骨をならすように細くなってしまった部分へ動かしていく作業をします。大抵の場合は外反母趾以外のお悩みもあるので(バランスを取りながら改善させるため)外反母趾自体の改善には数回の施術を要しますが、外反母趾だけ集中して1回で取れた例もあります。

できることとしては靴下の締め付けをなくすことや、マッサージを辞めることによっても今より悪化することを防ぐことができます。

院名変更のお知らせ

この度5月1日より トントン骨調整法 島本整体 より独立する運びとなりました

短い期間ですが、トントン骨調整法 島本整体 東京支部としてご愛顧頂きありがとうございます

これを契機に 院名を 「アダムズ・ボーン整体」 に改めます


出資会社と本部の意向でこのような運びとなりましたが、院名が変わっても広島本部で修得した
技術でより多くのみなさまの健康のための技術の向上、健康についての情報のご提供、料金システム
などより一層邁進致して参ります

なお、院名の変更について 今後幅広くご案内いたしますが 細部徹底には相当の期間が必要かと思われます

ホームページも急ピッチで作成しておりますが、しばらくは皆様にはご不便をおかけすることになりますが、
何卒お許しください

新しいホームページができ次第こちらのホームページから引っ越しいたします

末筆ながらあなた様が健康で充実した日々を送られることを祈念し
取り急ぎ院名変更のご挨拶を申し上げます

平成29年 5月
アダムズ・ボーン整体
院長 川村 永子

乳ガン

東京で施術を開始してそろそろ2ヶ月です。
最初から最後まで東京で施術を受けてくださった方の改善結果が見えてきています。

同じようにお悩みの方に希望が持てるように少し、ずつ皆さんからの体験談を載せていきます。

私の東京開業第1番目の患者さんの事例です。

20代の女性の女性で、昨年の7月に左胸に乳ガンが発見され12月に部分摘出。
左のリンパ1つ摘出。その後、抗がん剤治療、ホルモン治療。
癌の進行スピードはステージ3。

3月7日から週に一度ペースで施術を受けてもらいました。
放射線治療はガン細胞を破壊すると言われていますが、ガンに侵されていない細胞も傷つけてしまうので技術が発達したとは言えリスクがあるのでお勧めしませんでしたが、ご本人さんの希望で1ヶ月放射線の集中治療と同時進行でサプリメントを取ってもらいリスクを最小限に骨の動きを最大限にする方針で始まりました。

始めてお会いした時は、決して軽い病気ではないのに回復することに疑いを持たれていなかったので大丈夫だと私も確信が強まりました。お母様も同じ乳がんを患った経験があり、「あなたも何か良い治療を見つけなさい」頻繁に言われていたので、お友達に紹介された時はお母様にこれでお母様に何度も言われなくなるので良かったとお茶目なところも。ご本人さんは病院で自分のレントゲンを見せてもらった時「曲がっているなぁ」と思ったので骨の形を変えるこの方法を受けて見たいと思ったそうです。

髪の毛は抗がん剤で一度抜け落ちて、柔らかい毛がふんわり頭蓋骨を覆っていました。足の爪も抗がん剤の副作用で全て黒くなっていて、足先は冷えがありました。痩せ型で骨盤が男性並みに縦長になっており、恥骨が高いのが下半身の特徴です。上半身は乳がんをを摘出したところに大きな骨の窪みがありました。そのすぐ上に手術の跡があり、筋肉が引きつりを起こして軟骨のように硬いこぶができていました。肋骨は薄く上から見ると長方形に近い形。肩は前に巻き込むように曲がっていて、肩幅は広かったです。頭蓋骨ははちがはっていて顎が小さい形です。

一度目の施術のあと、変化を聞いて見ると「うーんと…生理が来ました」と話してくれました。
生理がきて嬉しいけれど、病院の先生に言ったらホルモン治療を勧められてまた生理をとめられるのは嫌だなぁと言っていました。

病院の治療では乳ガンや子宮ガンで女性ホルモンがガンの増殖を促すと考えているので、ホルモン治療で女性ホルモンを抑えてしまいます。

まだ、お若い方なのでその治療について通っているお医者さんに子供を産みたいのでなんとかホルモン治療を避けられないか聞いてみたのですが、「あなたの命の方が大事なのだから」と説得されたそうです。

2回目の治療で骨の歪みが前より詳しく観察できる状態になってきました。特に上半身の骨に細かい傷がたくさんあり、骨をならす施術をすると「あははは」とくすぐったがり笑い転げてしまいます。とても深刻な病気と闘っているとは思えない和やかなムードになってしまいます。しかし、このくすぐったがりも歪みの現れなので歪みを取ったらくすぐったくは無くなります。

つづく