kagoneko_blog kagoneko_blog_01 2016年05月 - トントン東京支部 ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 癌で整体?!

整体で癌で整体の治療を選択したKさんのその後。

末期を宣告されたのに、日々元気になっていく姿をお医者さんが見て
「Kさん、そろそろ抗がん剤治療しましょうか。もう受けないと助かりませんよ。」
と言われたそうです。

抗がん剤治療はしないと決めていたのですが、家族がお医者さんの話を聞いて泣いて受けてくれとKさんに頼むので、
仕方なく受ける事に。

抗がん剤の治療を受けると、体調は急変。

本人曰く「死にそうになった」というほどまでに後退。

抗がん剤治療のあと来院した時は「えらい弱ってもうて、どうしようかい」と思ったと院長。

そして、抗がん剤治療の結果がんは小さくならず、体力だけ奪っていってしまったという結果に。

それから、トントンともう一つの治療をせっせと受けてやっと今の状態に回復。

すると…体はどんどん良くなって行くけれど、癌の直径が検査の結果に大きくなっていると
またKさんは病院と民間治療の間で見解の違いを思い知る事に。

確かに癌の直径は大きくなっているが、治る過程で癌細胞が広がったからだという民間療法説、
ちゃんと抗がん剤治療をしてないから悪化したという病院説があってどちらか治療の選択を迫られるKさん。

Kさんは調子の良くなった、トントンと民間治療を選択。

そして、現在。

自分だけでなく、10人以上の癌患者さんをトントンや民間治療を法の治療院へ紹介し、
今日もカツ丼弁当が食べられたと嬉しそうに話してくれて、背筋をピンとして治療院を後にされました。

Kさんは偶然にも、院長の出身校の先輩でその高校の理事長として、長年働かれているそうで不思議なご縁を感じます。

Kさんは理事長の他に会社も経営されていてまだまだやる事いっぱいだということです。

スポンサーサイト

癌で整体!?


20160501210252f1e.jpg


街でこんな機械を引っ張っている方見た事ありますか?

肺気腫などで呼吸困難な酸素吸入器をつけなければ自分で呼吸する事ができない方の呼吸を助けるための機会です。

この機械にお守りを5つぶら下げたKさんのお話です。

ご本人に了解頂いてお伺いした事を書きます。

Kさんは現在72歳で、昨年の4月に突然体調不良で通院、検査で肺癌と診断されました。

余命1ヶ月、ステージ4。

末期も末期もで、小細胞癌。

癌にもいろいろあるけれど、小細胞癌は一番たちが悪いタイプ。

そして、肺気腫。

肺気腫は肺組織が壊れてしまって、良くはならないとされていて、生存率は5年で40%〜60%。

普通なら余命宣告を受けて弱っていくのですが、Kさんは諦めませんでした。

ご自身のお母様も癌で亡くされていて、お医者さんに見放されてから自宅で奇跡的に長く生活されたのでご自分も民間治療をあれこれ試す事にしたそうです。癌で整体へ行く事になるわけです。

余命宣告を受けたその月にトントンを来院。

来院されたころには肺の水が溜まっていると言われて、咳も尋常でない状態。

咳き込み過ぎて施術中に平均3回位気が遠くなっていたそうです。

院長曰く「このまま死ぬんか?救急車を呼ばにゃならんか?心肺蘇生で人工呼吸せにゃならんか?」と言う状態だったそうです。

それが、今では笑い話です。

Kさんはトントンと大阪の民間治療を並行して治療受けることを選択。

奇跡的な回復を遂げました。

もう良くなる事がないと言われる肺気腫のための命綱である呼吸器を、
今では「ピーピー言ってうるさいのですわ」と言って外して施術を受けられています。

普通にはあり得ない事でしょうけれど。私はちゃんと目撃しました(笑)

Kさんは5メートル歩くのも呼吸ができなくて大変だったのに、今では50メートルも歩けるようになったそうです。

末期を宣告されたのに、日々元気になっていく姿をお医者さんが見て
「Kさん、そろそろ抗がん剤治療しましょうか。もう受けないと助かりませんよ」
と言われたのですが…

つづく

蕗のクッキー作ってみた

20160501204136771.jpg

診療所の裏手に蕗が生えていまして、その蕗を頂いてちょっと変わった使い方

(・Д・)ノ 蕗のクッキー

全粒粉と三温糖のホットケーキミックスにココナツオイル、
茹でた蕗の葉を刻んだもの
それからカレントレーズン(ちーさい品種のレーズン)

蕗の苦味が意外に合います。

私の出身地岩手のお菓子屋さんで「ふきのとうクッキー」というのを売っていて、
知名度は低いもののとーってもおいしいお菓子があります。

蕗のとうが大きくなると蕗になるってつい最近知ったんですがね(笑)

相当、アレンジきかせて過ぎてオリジナルとすでに別物になっていますが、
これはこれでサクサクしてほろ苦く美味しゅうございました。

今度また蕗クッキーを作る時にはアメリカンタイプでなく、
アイスボックスタイプでも作りたいです。








プロフィール

川村永子


2017年よりトントン骨調整法 東京支部となりました。
川村永子です。
東京支部は3月にレディス専用トントンとしてオープンいたしました。
女性特有のお悩みやお困りごとなどを改善して、笑顔で毎日を送って頂けるように少しでもお力になれるようにがんばってまいります。

東京支部ホームページ
ブログランキング
人気ブログランキング「整体」に登録しています。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。