kagoneko_blog kagoneko_blog_01 4月の研修会 肩峰(肩甲骨の先端)の歪み - トントン東京支部 ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の研修会 肩峰(肩甲骨の先端)の歪み

先日、広島本部研修会に参加してきました !

今回は肩峰といって肩甲骨の先端の骨の調整についての研修会でした。
座学と実技を行いますが、座学を少しだけ紹介します。

今回のテーマ肩峰は↓こちら

201704142119204a7.png

肩甲骨が歪むといろいろな症状が起こります。

肩関節周囲炎(五十肩、四十肩)肩こり、首こり、疲労感、偏頭痛、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、気管支炎、頭や顔の 病気。

肩甲骨の歪みは先天的な原因のものが多いと考えられます。つまり胎児の時に子宮の圧迫によっての方向に圧迫され、肩甲骨が押しつぶされるように歪みます。

20170414232319c6d.jpg201704142324351a8.jpg

骨の約40%はタンパク質や水分でできているので、圧迫で変形しての方向に広がって行きます。

20170414233154f99.jpg

変形が酷ければ酷いほど、肩峰が横に飛び出ていたり、前にくるんと巻き込んでいたりします。
完璧な骨の人はいないのですが、機能的には上腕の骨頭を頂点として鎖骨と対をなした二等辺三角形を理想に調整します。大体の方は鎖骨も直線でなくカーブしていたりします。

余談ですが、完璧な骨として考えられている骨格標本も病死の骨、若しくはそれをもとに作られているので、歪んでいます。私たち骨調整法の技師であれば骨格標本から大体の死因がわかってしまいます。それだけ、骨の歪みは病気に密接に関係しています。

話を戻しまして、肩甲骨の大きさが広がったり、凹んだり変形するとそれに繋がっている筋肉を通じて繋がっている骨をさらに変形させたり、筋肉自体を伸ばし、引きつり、血行不良を起こし、最初にお伝えしたような不具合を起きます。肩甲骨から繋がっているところってこんなにあるんです。

20170415000215f6f.png

肩甲骨の歪みのバロメーター、あなたの肩峰(肩甲骨の先端)はどんな形になっていますか?

肩関節周囲炎(五十肩、四十肩)肩こり、首こり、疲労感、偏頭痛、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、気管支炎、頭や顔の 病気。

思いあたる症状はありましたか?

変形が酷くなる前に、トントン骨調整法でメンテナンスをお勧めします。

ご予約、お問い合わせはこちらへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川村永子


2017年よりトントン骨調整法 東京支部となりました。
川村永子です。
東京支部は3月にレディス専用トントンとしてオープンいたしました。
女性特有のお悩みやお困りごとなどを改善して、笑顔で毎日を送って頂けるように少しでもお力になれるようにがんばってまいります。

東京支部ホームページ
ブログランキング
人気ブログランキング「整体」に登録しています。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。