目撃!!トントンあるある「 杖忘れてませんかー!」

今日の広島は雨でした。

今日もトントンで朝から元気になっていく人を何人も見送りました!

朝来た時は元気が無いおばあさんが、待合室から両足を引きずるようにゆ〜っくり施術室に入ってきました。

相当ゆ〜っくりでした。

ゆ〜っくり施術ベッドに腰掛けて、足がやけどをしたように痛いと切なそうにお話されていました。

見ると膝下が私の太もも位に太くなって、赤黒く皮膚が変色、皮膚表面がピカピカする程パンパンにはって、
足首はなしです。

両膝に人工関節の手術をしたことが原因で、あちこち歪みが酷くなり歩くのもしんどいので
普段は電動の車椅子を使ってらっしゃると言っていました。

重度の患者さんで糖尿病のせいで骨がなかなか動かず改善スピードは緩やかですが、
それでも以前にあった腰痛もトントンでなくなってとてもラクだとおっしゃっていました。

その患者さん施術中は、すっかりうとうとして眠ってらしたようです。

終わりの時には「楽になりました。これで、一週間頑張れる!」
と元気に施術室を出て行かれました。

外はまだ雨がザーザー振りです。

その方はタクシーを呼んで帰られる様子だったので、

私はお見送りしようと玄関に行くと、

傘立てに杖。

もしや…と思い、

玄関から傘をささずに小走りでタクシーに乗り込もうとするさっきのおばあさんに、

「すみませーん!杖忘れてませんかー!」

と叫ぶも、間に合わず。
(靴を置いていなかったので外まで追い掛けられず…)

院長に「患者さん杖を忘れたみたいなんですけど」と報告。

院長は「杖は前からあったかもわからん。よう、あるんよ。来るときは痛い痛いと杖を持ちよってからに、
帰り痛みがなくなって杖を忘れよるんよ」(こんな風に広島弁で言っていたと思う)

そこに居合わせた別の患者さんも「そういえば、すれ違った時杖をつくような人に見えなかったですねぇ」と。

私の勘違いかなぁとみんなでハハハハと笑いました。

でも、しばらくしてからさっきの患者さんから杖を忘れたと電話がありました。

こういうくだりはトントンの本で読んだけど、まさか本当に自分が目撃するとは!!

トントンあるある!!施術前杖なしに歩くのがしんどい患者さんが、施術後に痛みも杖も忘れるという…

20160407222430c8e.jpg

※写真はご本人の杖ではないけれど、傘立てに今も入っている杖はこんな感じです。

Comment

  • カランゲ
  • URL

ウチのおかんにもして欲しい。。

  • トントン研修生 えいちゃん
  • URL
Re: タイトルなし

> ウチのおかんにもして欲しい。。

カランゲさん、お母さん想いですね。
トントンは広島、大阪、福岡とあります。
1年後には東京でも施術を受けられるようになります。
お近くのトントンで是非体験されてください。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。